無担保借入

更新日:2017/08/19

無担保で借入が出来る業者を大公開


お金を借り入れるとなると、担保が必要な場合が多いです。例えば銀行などが提供しているローンサービスの場合は、担保がなければローンを組むことが出来ない所が一般的です。しかし、現在はそのような担保がなくても借入が可能な業者も沢山あります。例えば、その代表例が消費者金融です。消費者金融では、担保がなくてもちゃんとした収入があればお金を融資してもらうことが出来たりします。さらに、担保だけではなくて、保証人も必要としない為、本当にお金が借りたくなったら楽々借りれるという良さがあります。また、その消費者金融の魅力を大公開すると、無担保や無保証人で借りられるだけではなく、借りられる金額も非常に大きいです。

業者によってそこで借りられる上限額は違ってきますが、多い所では最大で200万円~400万円もの融資を行ってくれる所もあります。ですので、個人事業主や、会社の社長などでもこのような借入サービスを使っていたりします。さらに大公開したい魅力としては、借入限度額の範囲内で何回でも借りたり返済をすることが出来るということです。他人や知人にお金を借りる場合は、そうそう何回も借りたり返済したりすることは出来ませんが、それも消費者金融ならば、サービスの範囲内で自由に繰り返し出来ます。ですので、無担保で借りられる便利なサービスとなっています。



カードローンの借換えを消費者系金融l機関同士で行ってみた。


ちょっとした理由で借りることになってしまった消費者系金融機関カードローンの金利が、あまりにも高かったので、インターネットで調べた結果、私の場合同じ消費者系金融機関カードローンの大手に当たる消費者系金融機関カードローンに変更をしたのです。あまりみなさんの間では、そのような借換えの仕方をした人というのは、いないかと思われるのですが、私の場合、このとき調べたら、銀行系と変わらずある意味銀行系よりサービスがよかったので、その消費者系金融機関に借換えを行ったのです。

このとき、自分からの返済の滞りが一回もなくきていたこともあって、高い評価だったらしく、借換えというのはすんなりできたのです。とにかく、返済だけは滞ることなく返済を行うことが、まず初めの第一条件となるようです。あとはそれに見合った年収があるかということで、私の場合その点も問題なかったのではないかと思われます。


そんな理由で借換えのときに、もうひとつその消費者系金融機関との金利面での交渉も少しさせていただいて、そのときに事前に交渉したお陰で、金利面においてもさらに優遇されることになったのです。やはりそのままではなく、一度だめもとで交渉するのもひとつの方法なので、交渉もしてみるのもひとつの手でもあります。

そんなこんなで、実質的に金利の優遇を受けて、一般的な消費者金融機関の金利とは他に数パーセントの優遇をうけ、銀行系の金利よりもいい値になっていたのです。この結果から年間に対してかなりの金額が浮くことになり、これも返済にまわそうかと考えています。以上の結果から、基本的には、返済の基本は1回も滞らずに返済を続けることが第一の条件であり、その上で自分の年収がよくなっていれば一層の優遇を受けることになるのです。

【やっと見つけた!】収入証明書不要 カードローン~主婦もOK!~